FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--
スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Page up▲

Smash Hits (Austrailia) - February 2004

2013/12/11(Wed) 13:09
インタビュー和訳

Smash Hits:(以下S)「タイムライン」の撮影はどうだった、ポール?
Paul:(以下P)すごくよかったよ。とにかくすばらしい経験になった。「タイムライン」にはすごく期待してるんだ。

ビリー・コノリーが出ていると聞くと、コメディだと想像するが、実はこの作品はかなり劇的なもの。基本的に中世フランスを舞台にしていてる。全くユーモアが感じられるような場面はない。ビリー・コノリーを見ていて笑えないというのは奇妙だが、劇的作品なのだ。

ビリーのような人と仕事をするのって珍しいこと?
ああ、彼は変わった人だよね。だから俺は彼を高く評価してるんだ。彼は本物だよ。いろんな経験を自分の中で吸収して作用させてる。すごく頭のいい人だと思うよ。

S:映画スターとしての自分ってどう?
P:よく考えてみると「こんな風になるなんて信じらんねぇ。」って思うよ。とにかく俺は本当にラッキーだって思うね。俺の周りであわただしくものごとが動いていて時々自分でもよく分からなくなるんだけど。でも夢にも思わなかったことが実際起こってる。事実を受け入れてすごく感謝もしてるけど、それと同時にばかげたことだなぁとも思うんだ。

S:なんで馬鹿げてるの?
P:っていうのはさ、俺は南カリフォルニア育ちで、子供の頃から海洋学者になりたかったから。正直言うと今でも海洋学者になる夢は捨てられないけど。まあとにかく子供の頃からサーフィンして育ってさ、君はオーストラリアの人だよね?オーストラリアの人って南カリフォルニアの人と似てるなって思うんだ。子供の頃からサーフィン、スケートとかそういうことやってるじゃん。だからオーストラリアって大好きなんだ。俺からしてみたらオーストラリアってひとつの大きなビーチ社会みたいなもんだからね。

S:OK,タイムラインは君にとって今までと全く違った作品経験だったと思うけど、他にどんなことをやってみたい?
P:コメディやってみたいんだ。コーエン兄弟とは絶対仕事をしてみたいと思っててね。とにかくもう一度やってみたいな。楽しいだろうな。ダークコメディが好きなんだよ。「スナッチ」見たことあるだろ?あれ最高。それにガイ・リッチーの映画も最高だよ。

S:サーフィンとスケートについてさっき出たけど、君は危険が伴うスポーツを特に好むとだろ?今までに本当に危ない経験ってしたことある?
P:おじきとスノボで滑降に挑戦したんだ。いつもなら100km/hくらい出すからヘルメットかぶるけど、おじきとだからそんなにスピード出さないだろうと思ってヘルメットかぶんなかったんだよ。とにかくまあすべりはじめてさ、片方には険しい崖で、逆側には壁があったから、出来るだけその真ん中を滑らなきゃいけなかったんだ。そのうちすごいスピードが出て、ボードはすごい勢いで振動し始めて、俺の足もおんなじだからこらえるのは大変でさ。崖に転落したくないし、ヘルメットかぶってないから絶対転べないから必死だったよ。そんな感じで、下まで降りていったんだけど、いきなり目の前に道を横切る棒があってさ、俺にはその棒を胸で受けとめるか、壁に激突するか、それとも崖に飛び込むかしかなくて、結局俺は壁に突っ込んで宙に投げ出された。幸運にも足を捻挫するだけですんだけどね。教訓は「ヘルメットかぶれ!」って事かな。

Comments(0)

Page up▲

Post a Comment

Private message

Calendar
08 | 2018/09 | 10

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Page up▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。