FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--
スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Page up▲

Teen Hollywood - November 2003

2013/12/11(Wed) 13:08
インタビュー和訳

ワイルドスピードシリーズのセクシーなポール・ウォーカーは、マイケル・クライトンの小説の映画化「タイムライン」では中世フランスへタイムトリップし、現代に戻るために必死になる。かっこいい車なんて新作には出てこない。小道具を車から考古学ツールへと換え映画の中では、ジェラールド・バトラー演じる知識ある暴れん坊の役に本当は興味があったのだが、しぶしぶながらもフランシス・オコーナーのナイト役を演じたとか。それに戦いのシーンを自分で考えたりもしたらしい!

ポール、きれいなアイスブルーの瞳。お気に入りのテキサスのレストランのTシャツというカジュアルな装いで現れた。LAでのインタビュー。映画について、労働者階級の家庭で育ったこと。新作について。アクションについて。自然へのこだわりや未来について聞いてみた。

タイムトリップできるとしたら、いつの時代に行ってみたい?
「タイムライン」と同じだな。俺は中世がすごく気に入ってる。子供のころから中世って魅力的な時代だと思ってたんだ。大人になって大学に行って歴史科学を勉強するようになった。その授業では特に東アジア、日本や中国について勉強したんだけど、封建時代の日本が特に俺は気に入ってる。黒澤監督が描くような世界、侍とか将軍とかすっごい好きなんだ。

体力トレーニングとかってこの役を演じるにあたってやらなきゃいけなかったの?
いいや、普段体力トレーニングは毎日やってるから。この役のためにとかっていうのはなかったよ。映画の中では剣を持って戦うのはなかったし。ゲイリー(バトラー)は多少トレーニングさせられてたみたいだど、オリジナルの脚本ではもっとすごかったんだよ。小説を読めば分かるけど、マレクは戦いに関してすごく知識があったり、彼自身も剣術にたけてたから14世紀にタイムトリップしたとき、彼は活躍するんだ。でもリチャードはそれはありえないって言うんだ。もともと考古学者であるわけで、生まれたときから剣に慣れ親しんでるやつらとは違うだろ。マレクが14世紀にタイムトリップしてその時代の人たちと対等に戦えるなんてあるわけがないって。俺もそう思うよ。俺のキャラクターも数シーンで武器を持って戦うシーンがあったんだけど、でもそれもあんまり現実的でないなって俺は言ったんだ、そしたらやっぱりカットされた。

君はもともとマレク役に興味があったんでしょ?
うん。ものすごくやりたかったんだ。マレクの方が本物のヒーローだ。特に一番最初の脚本を読んだときにはね。リチャードに撮影中は原作は絶対読むなっていわれてたから、終わってから読んだんだけど。ローレン(シャルラー・ドナー プロデューサー)が俺を映画に起用したいと思ってるって聞いたとき、俺の役は絶対マレクだって思った。で、リチャードに会ったら「ごめん、ごめん。君にはクリスをやってもらうよ。」って言われたんだ。

マレクは馬に乗るシーンがたくさんあるけど、君は乗馬は得意なの?
最近はよくするね。 昔からやりたいって思ってたんだ。子供の頃は、森を馬にのって散歩したりとかってよくやってたんだ。ここ数ヶ月は特に力入れてるかな。マジで西部劇はやりたいんだ。だからそのチャンスがめぐってきたときのためにも、準備しておかないとね。西部劇は実現するように今、話を進めてるところなんだよ。

タイムラインでもアクションシーンがたくさんあるけど、あなたはスタントシーンを自分でこなすの?
ああ。時どき、あんまり複雑でない戦いのシーンとか、自分で考えたりするよ。誰のことも批評はしたくないけど、とにかくどんなシーンでも大げさにやろうとする映画ってあるだろ、俺はそういうのは好きじゃないんだ。「ワイルドスピードX2」のタイリースとのちょっとした小競り合いのシーンも俺が考えたんだよ。

じゃあ、アクションヒーローとしてやっていきたいの?
べつにそういうわけじゃなくて、ただ単に俺はそういう風(活発に)に育ってきたんだ。親父はボクシングのチャンピオンだったし、じいちゃんは最終的には土建家で終わったけど、もともとはアマチュアでボクシングやってた。親父はゴールデングローブで4回チャンピオンになったほどの腕前だったし、じいちゃんなんて、マジソンスクエアガーデンでミドル級の世界チャンピオン戦に2回も出たことあるんだぜ。そういう環境で育ってきてるからボクシングはよくやらされた。俺の家庭は労働者階級で、屋根修理とか壁塗りとか、電気工事とかによく借り出されたよ。親父にとって武道ってすごく大事なことだったんだ。親父が子供の頃、家庭が貧乏で親父がやりたいって思っててもできなくてね。だから3年生の頃から空手とカンフー、テコンドーそれに柔道のトレーニングをはじめたんだ。とにかくいろんな武道を習ってた。ブラジル式柔術もやってたんだよ。そういうの大好きなんだ。

黒帯とかもってるの?
いろんなタイプの武道をちょっとずつやってたね。俺の親父の考え方なんだけど、黒帯なんて持ってないほうがいい、もしけんかしたら自分自身が凶器になるからって。だからひとつの事をじっくりやるってよりはいろんなタイプの武術を次から次へと挑戦してたよ。基礎的なことばっかりだね、最近は。取っ組み合ったりとかっていうのはあんまり得意じゃないけど、基礎的なことのいいところってのは、もし友達と出かけてなんかあったとするじゃん。人をぶん殴ったりしなくてすむんだ。ちょっとこう締め上げてあげればいいのさ。(とやってみせる)、

いい感じだね。そういう場面に出くわしたことあるの?
友達をね、何度か。 男ってのはそんなもんだよ。俺の友達なんて、手が付けられないくらいクレイジーだもん。まあそういう知識が必要なときに使えるってのはいいことだよ。

あなたのご両親のあなたが俳優になるっていったときのリアクションは?
喜んでたよ。子供の頃ずっと子役として仕事をしてきたけど、俺は普通の子供としてスポーツしたり、ガールフレンドがいたから彼女と遊んだりしたくて一時はこの世界から遠ざかった。今思うとそのとき両親はがっかりしてたんだろうなって思うよ。俺は貧乏な家庭で育ったから、大学へ行くなんてのは金銭的にとんでもないことだったんだ。だから、工事現場とか、UPS(郵便デリバリー ゆうぱっくみたいなの)とかで働いてた。それに数件のサーフショップとかでも。パサデナにある友達のうちのガレージに転がり込んだりもした。その頃「Touched by an Angel」のキャスティングをしていた昔のエージェントが俺を見つけ出して、それでオーディションをうけるように仕向けられたんだ。それで今の仕事をするようになった。「もっと真剣にオーディションを受けるべきだよ。君なら絶対に売れっ子になるよ。」って。1ヶ月もしないうちに「カラーオブハート」で役を得て、それ以来ずっと働きづめだよ。

いまだにサーフィンはするの?
最近は昔ほどしなくなったけど。子供の頃からサーフィンはしてるし、これからも続けていくよ。でも今はカウボーイへの興味の方が上回ってるかな。

1年くらいまえに、サーフィン映画の企画をねってたんじゃなかったっけ?
確かに話はあったんだけど、実現には至ってないね。マシュー・マコノヒーのプロジェクトで彼自身がプロデュースして、もちろん演技もするっていうものだったんだけど、もしかしたらいつか実現するかもしれないよ。

「ブルークラッシュ」に出演出来なくてむかつかなかった?
いいや、別に。実をいうと俺のところにも話は来てたんだよ。だけど、俺の役はクォーターバックだったんだぜ!(サーファーじゃない男の役)やるんだったら俺はサーファーだっつうの。

あなたの 次回作はダイビングを題材にした「Into the Blue」でしょ?それについて少し教えて。ダイビングの経験は?
フリーダイビングは大好きでよくやるんだよ。いろんな器具をつけて海に入るスキューバーはあんまり好きじゃないんだ。ヤリで魚を捕まえたり子供の頃よくやったもんだよ。カリフォルニアで育って海には慣れ親しんでるからね。かなり長い間息を止めていられるよ。酸素ボンベに利点なんてないと思うよ、スキューバーでもぐってると空気を吐き出す泡、が魚を怖がらせて魚が寄ってこないんだ。とにかく楽しみなんだ。本領発揮って感じ。ジェシカ・アルバと共演するんだけど、俺が思うに彼女は信じられないくらいゴージャスな子だよね。

10点満点彼女は何点?
もちろん10点だろ。とっても可愛いし、いい子だよ。仲良くさせてもらってる。撮影が始まるのを楽しみにしてるんだ。ジェームス・カーンの息子で親友のスコッティ・カーンとはヴァーシティー撮影中はすっげぇ楽しく過ごしたんだけど、オースティンでの撮影中は、一緒にコンドミニアム借りて住んでたんだ。このTシャツはオースティンで買ったんだけど・・・とにかく5~6年前から俺らはまた面白いプロジェクトを一緒にやりたいなって話してたんだよ。今回その夢がかなうんだ。俺ら2人ともサーフィンとか好きなんだぜ。

もし未来にタイムトリップできるとしたら、何を見たい?
未来って怖いと思うんだ。だから、普段あんまり未来のことは考えないようにしてる、正直言うと。たった一つ考えられることって言ったら40年後には今何も手を尽くさずに行けば、現在の世界人口が2倍になるってことぐらいかな。考えると怖いよね。

父親としての今の地球上で起こっていることを思うと怖いなあって思うことってある?
未来に関して何度も見る嫌な夢がある。海洋学を勉強したから、大体はそういう背景からくるんだけど。地球の自然環境とか、自然汚染、森林伐採とかそういった話題にはすごく敏感なんだ。

じゃあ、何か助けになるような事ってしてるの?
シンプルなこと。矛盾してるかもしれないけど、俺はレースカーがすきで、レースカーは大気汚染の原因だよ。分かってる。でも、例えば俺んちでは、使わない電気は必ずOFFになってる。ホント小さなことだけど。世界中でどのくらいの人たちが、電気が俺らのところまで供給されてくることに対しての十分な知識を持ってると思う?魔法じゃないんだぜ。電気を今こうして付けたことでどこかで化学燃料が燃やされてるんだ。俺はいっつもそう考えるようにしてる。使わない電気がついてると、「いけね、世界中のどこかで俺のせいでいらない燃料が燃やされてるんだ!」そう考えると、いてもたってもいられなくなる。蛇口をひねって水がお湯に変わるのを待ってるっていうのとは対照的な水の循環システムもあるんだよ。そういうほんと些細な事なんだ。

じゃあ、歯を磨くときは水を止めるのね?
もちろんだよ。シャワーを浴びるのも2分くらいだし。入ったら、すぐ出る。シャワーに20分とか30分とかかける人が信じられない。親父も俺と一緒なんだよね。俺の親父は軍にいたことあるから、本当に入ったと同時に出る感じだよ。みんなシャワーんなかで何やってんの?俺は親父とは違う理由だけどね。

化学を勉強してたのはタイムラインのでは役にたった?
いいや、この映画では考古学的・歴史的観点が重要視されてて、SFはあまり重要視されてはいないんだ。「ワームホール」とかそういう専門用語わかんねぇ、俺はそういう分野には興味がないんだ。SF映画っていわれたら、「スターウォーズ」と「マトリックス」が大好きだよ。

学校に戻って科学を勉強したいって思う?
そんなのはしょっちゅう思うね。12月にディスカバリーチャンネルの仕事で最近発見された第二次世界大戦で使用した日本の潜水艦を地上に引き上げるんだよ。超楽しみ。こんな機会を与えてもらえるなんて本当に嬉しいよ。ジャック・クストーの息子さんと話をしたんだけど、彼はサンタバーバラに財団や学会を設立してて、彼らと一緒になんかしら仕事を近い将来にすることになると思うんだ。

マイケル・クライトンの小説を読んだことある?
「ジュラッシックパーク」と「コンゴ」は読んだよ。映画の「コンゴ」をオヤジと一緒に見たんだけど、親父が小説の方が断然いいから読んでみろって。小説は読んでみた方がいいよ。

原作から変わった部分も映画では描かれてるけど、どの辺がいいと思う?
映画ではテンポよく話を進めなくてはいけなかったんだ。だから教授とクリスは原作では親子関係にはないんだけど、映画の中で変えたことでストーリーに真実味が出てきたと思う。「俺は14世紀に行くぜ。だってオヤジを助けなきゃ。」って言われれば、納得だろ?「 君達には14世紀フランスに行ってもらうよ。」ってところから物語はスタートする。もしクリスが教授の生徒だったとしたら、何で危険を犯してまで過去に助けに行くんだい?もしそれがオヤジさんだったら、みんな納得するじゃん。

あなたの娘さんはあなたの出演作品を見たことあるの?
やっと最近「ワイルドスピードX2」を見たんだよ。ワイキキビーチで大きなスクリーンが用意されて夜映画が上映されるんだよ。そこへみんな集まってバーベキューとかしながら映画が見れるんだ。娘は「プリンセスダイアリー」を金曜の夜に見に行って、主催者が来週の映画は「ワイルドスピードX2」です。ってアナウンスしたら「あ~パパの映画だ。私見たい~。」って言ったもんだから、次の週も見に行ったんだって。

彼女のリアクションは?
娘の母親の話によると、映画中ずっと娘は笑ってたらしいよ。信じられなかったみたい。だって俺は彼女にとっては父親であって、映画ス俳優じゃないから

じゃあ、今はあなたが何をしているのか娘さんは知ってるのね?
ああ、今はね。5歳になったばかりだけど、彼女の友達が俺が映画に出てる俳優だっていうのに気が付いたんだよ。まあ彼女の友達の親からっていうのが正しいのかな。

俳優っていう職業は愛する家族から離れて暮らさなきゃいけないでしょ?
そうだね。それに関しては、嫌気がさすね。時々ほんとに嫌になる。世界をまたにかけるビジネスマンになった気分だよ。1年の半分は俳優してて、後半分はビジネスマンみたい。そういう仕事してる人に同情するよ。奥さんとか子供はどんな気分なのか想像かないよ。

30歳になったばかりだけど、何か特別なお祝いはした?
超ぜいたくにジェット機借りて、どこかへみんなを連れて行こうとも思ってたんだけど、友達が船をチャーターして海岸線をクルージングするとか計画もあったんだ。みんなが何をしたいか知ってたから、ベガスに遊びに行ったよ。楽しかったよ。3日間ほとんど眠らずに遊んでた。多分数千ドルすったんじゃないかな?ベガスに行ったって負けるのは分かってるからね。あんまり気にならないけど。

成功してから、買った一番高価なものって?
ポルシェ買ったくらいかな?あんまり高価なものは買ってない。いまだに家はないし。そういう生活のこと整えられる程家にはいないし。旅行も大好きなんだよね。同じところにとどまってるとすぐ出たくなる。もし家を買ったら2週間住んだらまたどこか違う場所に行きたくなっちゃうよ。

Comments(0)

Page up▲

Post a Comment

Private message

Calendar
08 | 2018/09 | 10

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Page up▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。