FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--
スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Page up▲

Cosmopolitan - November 2003

2013/12/11(Wed) 10:31
インタビュー和訳

ヒット作品:「ワイルドスピード」「ワイルドスピードX2」
他の出演作品:「スカルズ:骸骨の誓い」「ヴァーシティーブルース」「シーズ・オール・ザット」「カラー・オブ・ハート」
出演して多分後悔しているだろう映画:「Meet the Deedles:悪がき双子の大作戦」
デートした有名人:いない。「いつも映画のセットにいなくちゃならないのに、同じ職業の人と付き合うのって大変さ。だって『おい、彼女今、○○と仕事してんだろ?あいつ○○で有名だぜ!』とか面白がって頭つっこみたがるやつらがいるだろ?そういうやつらは蹴り倒してやりたくなるぜ。」
恋愛について:「男は火星人で、女は金星人ってやつ?あれってただ単に責任逃れだよな。男も女も違わない。俺はとにかく一緒になんでも考えられる人がいい。そういのがパートナーってことだろ?」

映画の中のPaul Walkerに夢中になるのは当たり前。でも190cmの長身でハリウッドで人気のPaul Walkerって本当はどんな人なんだろうか?コバルトブルーの瞳。2001年、2003年夏の大ヒット作ワイスピシリーズのキャラ、ブライアン・オコーナー同じように刺激を求めるのだろうか?それとも11月に公開されるマイケル・クライトンの小説の映画化作品「Timeline」の中で演じる19世紀に迷い込む考古学を専攻する学生のように繊細で疑い深い部分があるのだろうか?はたまた、プレイボーイなのかそれとも気取らない男なのだろうか?30歳になった典型的なカリフォルニア出身はそんな部分を持ち合わせているのだろうか?彼は良き父親でもあり、(過去の恋愛で5歳になるMeadowちゃんという娘さんがいる)サーフィン狂でそれにリスクを伴う遊びも好き。(モトクロスや、スケボーも好き)それにかなりロマンティックでもある。そんな彼の特に魅力的な部分とは典型的なハリウッドスターとは違うというとことだろう。大抵のハリウッドスターはきらびやかで魅力的世界にはまり、ヒット作品に登場する女優たちと付き合い、何億ドルもの出演料を手にする。ハリウッドの世界にいる控えめなPaulが見た目以上の男である理由とは?(見た目が悪いと言ってるんじゃないんですよ!)

~Paul Walkerがハリウッドの他の俳優たちと違う8つの理由~

1:女優とはデートしない。(たとえどんなにホットでも。)
「俺の彼女は女優じゃないんだ。いっつも言うけど、俺は女優とはデートしない。だってハリウッド女優って情熱的なんだ。例えば明日から4ヶ月仕事でどこかへ行かなきゃいけなくなったとするだろ?側にいないことでかなり不安にさせるけど、忍耐強くまっていられる人って、一般的にはハリウッド女優にはいないから。」

2:彼はエージェントや、広告担当、マネージャーの紹介や、P.Diddyのパーティなどでは女性と出会わない。(Bad Boy Entertaimentの創始者で、MaseやBiggy Smallなどのプロデュースや、元J-Loの彼氏として有名。彼は夜な夜なPartyを開くことで知られている)。
「大抵は家族や友達から紹介される。内面的に俺が興味を持ってる人たちからの紹介が多いんだ。人って磁石みたいで、良い人の周りには良い人が集まるだろ?」

3:彼を尊敬しない女性が好き。
「もちろんSweetな子が好きだけど、でもあんまり寛大すぎる子はだめなんだ。そういう子って後々、絶えられなくなってキレるのを見てきたから。俺は昔、かなり馬鹿やってきたし、今でも時々そうなるけど、そういうのをスパっと言ってくれるような芯の強い子がいいよ。」

4:彼の理想の相手は、ハリウッドスターの経営する高級レストランなどに興味のない人。
「どっか行ったり、何かしたりするのは大好きなんだど、正直言うとデートの時、どこで何しようがどうでもいいことなんだ。ただ全てにおいてうまの合う子と一緒にいれればと思う。彼女と一緒の時に彼女を見て、ああ~彼女のこと誰よりも愛してるな~。って思えると、もう頭ん中そればっか。んでこの子と死ぬまで一緒にいるんだなあ。って気がつくわけ。」

5:数ヶ月のデートでは婚約しない。
「俺は結婚は1回だけって思ってる。もしその女性と一生過ごすって決めたらその子に110%、死ぬまで尽くす。だから俺の気持ちが8割くらいの女性と過ごすのは嫌なんだ。一生我慢して惨めな思いをするのは嫌だから。」

6:ハリウッドサイズのショッピングモールのような家を所有していない。
「現在はハリウッドではなくてHuntington Beachに住んでる。5人の友人と一緒に暮らしてる。子供みたいにはしゃいでるよ。だって必ず家には遊び相手がいるからね。だけど今、自分の家を探してるろころなんだ。そろそろ落ち着かないと。」

7:仕事に対しては何がしたいのか良く分かっていて、ただ高額の出演料のために映画の仕事をしているわけではない。
「周りはヒット大作っていわれる作品に出演して欲しいと思ってるみたい。でも俺は今はそいう映画には出演したくないんだ。俺のエージェントは「頼むよ、大作出演も考えないと」って言うけど、俺にはその気はないから。エージェントは頭にきてるんじゃない?ウェスタン映画をやりたいと思ってる。だから今いろいろ話をしているとこ。」

8:彼は自分の映画についてあまり話したがらない。
「"Timeline"を俺自身が気に入るかは、観客のリアクションを見てからじゃないとわかんない。俺は観客がどう思うかで自分の出演作品を好きかどうか決めるから。」

~Paul Walkerについての3つの噂に対しての真相~

彼は麻薬常用者:「俺がコカイン中毒って噂があるみたいだね。ハリウッド ヒルズのパーティーでコカインやってたって言われてるみたいだけど、俺一度もヒルズのパーティーに行ったことないよ。」

彼はかなりのうぬぼれ家:ぜったいありえないこと。続編への出演を「俺は最高!」と自画自賛するヴィン・ディーゼルとは違って快くOKした。

サーフィンへたくそ:「俺はサーファーさ。ただ単に好きなんだ。」

Comments(0)

Page up▲

Post a Comment

Private message

Calendar
08 | 2018/09 | 10

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Page up▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。