FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--
スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Page up▲

SCREEN 9月号

2013/12/10(Tue) 11:02
インタビュー和訳

スキンヘッドの手前のような刈り込んだ髪が、日焼けした顔をさらに精悍に見せ、カリフォルニアのサーファーのチャンピオンのようなポール・ウォーカーは、どこから見てもグッド・ルッキングな若手スターなのである。『このホテルのプールでひと泳ぎしてきたんだが、やっぱり海が恋しいな。僕はじっとしていることが出来ないタチで、すぐに車に飛び乗ってレース場とか、ビーチに行くんだ』
と頭をかきながら、長時間のホテル内のインタビューという義務にやっと耐えている、という情ない表情を浮かべているのだ。
 今回の「ワイルドスピードX2」では、前回のヴィン・ディーゼルが抜けて、押しも押されぬ主役という立場なのだが、まだ自分では俳優としては半人前と言う考えをしているところが、いかにもスポーツマンのポールらしい。

---すっかりカーレーサーとしての腕前を上げたようですね。
『以前は日本製の車なんて!とマッチョなアメ車ファンを自認していた僕が、日本車の性能のすごさに仰天してね。今はニッサン・スカイラインR34に乗ってる程だ。今レーシング・チームを形成中で、スポンサーを探してる。子供の頃からカーレースに憧れていて、時間があればランカスターやオンタリオのコースで、思う存分スピードを満喫してるのさ』

---スピード違反で警察につかまったことは?
『僕はスピードが大好きだが、良いドライバーでもあるから、めったにつかまらないし、普段の道路では余りスピードが出ないトラックを運転しているんだ』

---今までのスピード記録は?
『レース・トラックで180マイル以上を出したけど、最高だったな。キロで言ったら、220キロなんだよ』

---イリーガル・レースに熱中する若い人たちに実際に会ってリサーチをしたとか。
『ロサンジェルス、デトロイト、フェニックス、ダラスなどがイリーガル・レースの中心で、もちろん現場に行っては彼らの行動を観察し、話を聞いたりした。車の中で寝泊りしての貧乏生活を経験している僕には、車が生活のほとんどを占める彼らの情熱と競争心がよく分かる。もう少し若かったら、僕も参加していたかもしれないね』

---御家族は”映画スター”になったポールをどう見ていますか。
『父は役所の清掃局に勤めているブルーカラーだから、ハードワークこそ男の基本という信条を持っているが、最近になってやっと僕が俳優が俳優として食べていけるとこに理解を示すようになった。母はモデル出身で舞台の経験もあるから、僕のチャレンジをずっと励ましてくれていたんだ。5人兄弟という大家族に育ったから、競争心はあったが、誰も僕を映画スターなどと評価してはくれないね。15歳の弟だけは、「ワイルド・スピード」の大ファンで、かっこ良い車と女の子に目がないようだが』

---ガールフレンドは居ますか。
『かなりシリアスな交際を5年間続けているガールフレンドがいる。女優ではないよ。海洋生物学を研究していて、一緒にコスタリカに行ったりすると、彼女は海の生物の観察、僕はサーフィンに熱中したりとね』

---西部劇を企画中だとか。
『ファスト・ホース(速い馬)が次の目標だ。アメリカのシンボルの西部劇をぜひ自分の手で製作してみようと目下、脚本探しの最中さ」

 外見も考え方もまさにオールアメリカンのポールなのである。

Comments(0)

Page up▲

Post a Comment

Private message

Calendar
10 | 2018/11 | 12

sun

mon

tue

wed

thu

fri

sat

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Page up▲

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。